採用について


油井 直樹

2008年入社/管理部門

油井 直樹

以前、勤務していた会社でも品質管理業務に携わっていた油井氏。
2008年に大実製作所に入社後は、品質管理部門の立ち上げに従事し、ISOの取得から社内運用に至るまで、大実品質の礎を築いた立役者にインタビューしました。


学生の時の専攻・専門は?

情報処理です。パソコンのソフト・アプリケーションについて、エクセルの様な表計算・数値演算から、3Dの画像系に至るまで、偏りなく満遍なく学びました。

志望動機を教えて下さい

前職でも品質管理に携わっていましたので、大実製作所でも何らかのカタチで「品質」に関する仕事に関わりたいと希望していました。

仕事を始めてみてどうでしたか?

以前の会社では、同じ機械加工の会社でも扱う製品が金属でしたが、大実では「樹脂」です。だから、その違いを理解して馴染むまでには時間が掛かりましたが、新たな発見が多く、毎日が楽しかったですね。

でも、楽しいことばかりではありませんでしたよ。
入社当時、製造の現場の方々とのコミュニケーションには苦労しました。同じ会社にいても「作る」と「検査する」のでは立場が違いますから。

でも、お互いに「良いものを作りたい」という意識は共有していましたから、それがお互いに感じあえた頃からコミュニケーションがスムーズに取れるようになりました。

やりがいは感じた?

品質部門をイチから作るという事が初めてだったので、大変でしたけど、経営陣から「自分の考えで、良いように進めて!」と言っていただいたので、やりがいを持って仕事ができましたね。

大実製作所は社内の人間関係が良いってことは感じますね。だから、何かの壁にぶち当たった時も、皆で解決できる。どんな問題に対しても皆で解決できることが、今や楽しいと感じられるまでになりました。

どんな方に入社して欲しい?

組織としては発展途上にありますが、技術力は自身があります。
万が一失敗しても前向きな人、チャレンジ精神旺盛な人、お待ちしています。


チャレンジ精神旺盛な人、お待ちしています!

Page Topへ

COPYRIGHT© OHMI SEISAKUJO. All Rights Reserved.