採用について


本田 真

2007年入社/製造部門

本田 真

2007年に入社して以来、持ち前の負けん気の性格が奏功して経営陣からの信頼も厚い本田さん。
今や大実製作所の中堅メンバーの一人として活躍の場を広げる一方で、後進の教育・指導にもあたっている本田さんにインタビューしてみました。


学生の時の専攻・専門は?

工業高校で専攻は機械科です。
普通科に行くよりも機械科の方が就職に有利だと考えて学校を選びました。学校でしっかりと勉強していたので、会社に入っても混乱せずスムーズに仕事に馴染めたかなって思っています。

マジメに言えば、学校で学んだことをそのまま活かせるような仕事に就きたいと思っていましたので、家から近いこともあって、まずは工場見学に伺ったんです。
私の想像していた以上に、社内の雰囲気がとても良かったので、大実製作所を受けようと決めました。

面接の時はどうでしたか?

社長面接では、社長の人柄もあってとても話しやすかったです。だから面接時間も短く感じました。
面接が終わったあと、スグに社長から「じゃあよろしくね!」と言われたので、受かったのかなって。。とにかく雰囲気が良かったんです。

入社後もこの印象は今も変わっていません。職場の雰囲気はとても良いと思います。

最初の配属は……

本社でした。
大実製作所では一人一台の機械を担当することになっているのですが、最初は機械の空きがなかった為、先輩の作業を見ながら仕事を覚える毎日でした。でも、先輩が立て込んでいる時はかえって仕事の邪魔になったりします。そんな時は、社内の清掃・整頓・壁のペンキ塗りなど、雑用も何でもやりました。

逆に、そういった(雑用をした)時期があったことで、仕事の流れを客観的にじっくりと把握することができて良かったのではないかと、今になって思います。

仕事をしていて「大変だったこと」「楽しいと感じたこと」は?

図面では「難しそうだな」と思っても、いざ実際に着手してみると意外に早く綺麗にに仕上がった時は、「ヤルじゃん、俺!」って、独りで達成感を噛みしめています。常にチャレンジをし続けることで、仕事がドンドン楽しくなるんです。

そんなことを続けているうちに、加工について社長や専務が相談してくれるようになりました。
そんな時、僕は出来ないと言わない!何とかしようとする!必ず考える!他の人の仕事も考え、工程の調整をして、何とかデキる方法を考えます。

仕事するからには、常に上のレベルを目指したいと思っています。
最終的には、社内をまとめる管理する立場に立ちたいと考えています。一人一人の適性を把握して、適材適所に配置できるようになれば、社内全体のスピードアップに繋がります。そうなれば、自分自身のみならず、会社のため、そしてお客様のためになります。
そこへ行くまでには簡単ではないと思いますが、チャレンジ精神でヒトツずつクリアしていきたいです。

就活生へのメッセージ、アドバイス

モノ作りが好き人には絶対に向いている仕事です。
頑張る気持ちがない人は、どこに行っても何をしても続かないと思いますが、「何事にも諦めない」「チャレンジする気持ちを持っている方」ならどなたでもウェルカムです。是非とも工場見学にいらして下さい。お待ちしてます。


根気よく、粘り強く頑張れる方なら、私 本田が責任もって育てます。

Page Topへ

COPYRIGHT© OHMI SEISAKUJO. All Rights Reserved.