採用について


菊地 真優

2016年入社/管理部門

菊地 真優

学生時代の専攻とは畑違いの「生産管理」に配属された菊地さん。仕事で困ったり悩んだりした時は、いつも同期入社の女子グループに相談しているとか。
そんな菊地さんに色々と聞いてみました。


学生時代の専攻は?!

商業高校出身でして、私は財務会計・簿記・情報処理を学んでいました。

就活をしている時に、ちょうどタイミング良く工場の見学に伺えたんです。その時に社員の皆さんが仲良さそうで、風通しが良さそう。きっとチームワークがいいんだろうなって感じました。
そんな社風を感じたら、プラスチックについても興味が湧いてきたので志望しました。

面接の時は緊張しましたが、入社後、皆さんが積極的に話しかけてくださったことで、徐々に緊張がほぐれました。

現在の業務を教えて下さい!

営業の一端を担っているつもりです。お客様と社内の橋渡しをするような仕事ですかね。
具体的には、お客様からご注文をいただいたモノを現場と調整する。生産管理のメンバーと一緒になって、納期に間に合わせるように調整したり。色々な事をやらせて頂いてます。

でも、今だから言えるんですけど、営業に配属になった時は驚きました。
学生時代の専攻からしたら配属は総務かなって思い込んでいましたので、ビックリしましたね。自分に営業ができるのか不安でした。

しかも、クライアントの担当者は、その道のベテランの方や社長さんも多く、最初はなかなか信頼していただけなかったように思います。でも、最近は「ありがとう」とか「辞めないでね」と言って下さる方もいて、少しずつ信頼して頂けているののかな、と感じてます。

楽しいと感じたこと、逆に辛いと感じたことは?

嬉しいことは、お客様からありがとうと言われた時ですね。嬉しいと同時にやり甲斐も感じます。

辛いときは、納期調整ですかね。お客様と現場の板挟みになった時です。双方の気持ちや立場も理解できますので、ホントに辛い!でも、そこを諦めずに何とかするのも私たちの仕事なんです。
どうすれば納期に間に合わせられるのかを自分なりに考えて工夫する。そして、相手の立場にたって製造部門のメンバーにお願いすれば、願いは通じるものです。

大実製作所に入社してどうですか?

とにかく良かったと思います。
学生時代の同級生達は、同期入社がいなかったり、居たとしても仲が悪かったりと聞くので、私は良かったなぁって感じますね。
同期4人がとても仲良いので、辛いことや悩みごとがあっても何でも相談できる。何でも言い合える同期がいるのってシアワセだと思います。

さらに成長するために必要なコトとは?!

まだまだ分からないことばかりなので、先輩に教えていただくことの方が多いのが現状です。
でも、今後は、先輩に教えていただく前に、まずは自分で考える癖をつける。そうすれば、もっともっと成長できるんではないかと思います。


みんな優しいですから安心して!是非、一緒に仕事しましょう!

Page Topへ

COPYRIGHT© OHMI SEISAKUJO. All Rights Reserved.