採用について


安島 英男

2009年入社/製造部門

安島 英男

「家族とゆったりと過ごしたり、日帰り温泉に行くのが好き!」という、ほのぼのした雰囲気がそこかしこに漂う安島氏。
忙しい合間に照れながらも真摯にインタビューに応じてくれた。


意外にも中途採用が多くて安心できた!

以前、勤めていた会社から大実製作所に転職したのが2009年のこと。当時の会社も大実製作所と同業であったため、仕事には慣れていましたが、職場の環境に馴染めるのかどうか不安でしたね。ですが、意外にも中途入社のメンバーが多かったので気持ちが楽になったのを覚えています。

そんなメンバーとの話題は「寸法精度に対する意識」について。
他を知っているだけにどうしても比べてしまうのですが、大実製作所の寸法精度への意識は高く、その精度を出すために自分の加工方法やプロセスを変えなくてはならなかったのです。ですが、考え方を変えるのにそう時間は掛かりませんでした。私と一緒に仕事をしていた村松さんのおかげです。

トライ&エラーの繰り返し

私は主に彫刻機を担当しています。NCの加工が多くなっている昨今、彫刻機での仕事はアナログの手作業での加工がメインですので寸法精度を一定に保つのが非常に難しいんです。

手先の感覚も大切ですが、私は決してそれだけに頼りません。
機械の目盛り等で自分の中での加工基準を定め、とにかく試してみるんです。そしてその結果をひとつずつ測定しフィードバックすることで寸法精度を上げてきました。
常にチャレンジしてゆくことで、その結果が品質向上に繋がるんですね。

今では彫刻部門を任せてもらってます!

以前、私たち彫刻部門はベテランの先輩がまとめてくれていましたが、今は私が一手にそれを引き受けています。
その先輩の仕事、特に寸法精度はピカイチでしたから、私にそれが出来るのか不安でしたが、先輩の仕事を思い出したり、当時の製作物サンプルから逆算して先輩の工程を推しはかったり……。

普段はやさしい先輩も仕事には厳しかったので、今ではその経験が活きています。不良・返品・クレームなど、一切ありませんから。

大実製作所がさらに良くなるためには

NCやマシニングセンタなど、数値制御・マルチタスクが当たり前の時代になってゆくとは思います。そうした意味で設備投資は重要です。
一方で、職人を育てることも大切です。何でもかんでもNCに任せるのではなく、フライスなどの汎用機で代用できる加工が沢山あるからです。
ですから、若手とベテランが混ざり合い、今以上に社内の風通しを良くして、技術に関する意見交換をする場をたくさん作りたいですね。それによってさらに大実製作所全体の技術力がアップしますからね。


相談して助け合える会社、それが大実製作所です!

Page Topへ

COPYRIGHT© OHMI SEISAKUJO. All Rights Reserved.