採用について


鈴木 翔太

2011年入社/製造部門

鈴木 翔太

2011年11月に入社された鈴木さん。今や筑西工場の中では社歴が最も長くなり、リーダー的存在を担っている。映画館の雰囲気が大好きで、色々な映画館を巡っているとか。映画も好きだけど映画館の雰囲気はもっと好き。そんな鈴木氏にインタビューしました。


入社のキッカケを教えて下さい!

転職活動をしている時に、就職支援センターから「東京の会社から求人票が出ている」と紹介を受け、応募しました。
どんな会社なのか全く知らなかったので不安でしたが、面接が実にフレンドリーな雰囲気でしたので、すぐに不安は解消されましたね。だから「未経験の自分でも出来そうかなぁ」って思えるようになるまで、そう時間は掛かりませんでした。
最初は「パートタイマー」としての採用でしたが、今は正社員として働かせてもらってます。

当時、「新工場立ち上げ」に向けて、不安が無かったと言えば嘘になります。特に私は工作機械の操作経験がなかったですからね。
でも、色々と教えて頂いたおかげで、今ではだいぶ機械操作が出来るようになってきました。東京の本社からわざわざ教えにきて頂けるんですから、先輩方には心から感謝ですね。

どんなお仕事をされていますか?

はい。私の主な業務は「プレカット」です。
プレカットって言っても分かりにくいですよね。
今どきの工作機械は、プログラムさえ組んでおけば、ほぼ全ての工程を自動で行い、品物が出来上がってしまうのですが、それだと材料の無駄が多かったり、かえって時間がかかってしまうことも多いのです。
そこで、予め、仕上がり寸法から逆算して、加工・作業しやすいサイズに材料をカットしておくことで、材料の無駄を減らしたり、工作機械での加工効率を改善できるんです。
万が一、自分の仕事が滞ってしまうと後工程までも影響して滞ってしまうので、責任重大なんですよ~(汗)

いよいよ筑西工場が稼働しましたね…

そうですね~。
2年ほど前から計画を聞き、1年ほど前から着工したのですが、まさかここまで大きな工場になるとは思ってもいませんでした。
今は日々の業務をしつつも、将来に向けた準備を着々と粛々とこなしています。
この工場では社歴が一番長いので、これから入社してくれるメンバーにもしっかりと業務を教えて、一緒に工場を盛り立てていきたいですね。今後が非常に楽しみです。

どんな方と一緒に仕事したいですか?

何ごとも前向きに取り組んでくれる方、チャレンジ精神が旺盛な方ですかね。
とにかく先輩方は親切です。未経験のことでもチャレンジを続ければ、出来るようになります。機械操作の経験がなかった私が出来るようになったのですから、説得力あるでしょ。(笑)


失敗を恐れずにチャレンジできる方、お待ちしてます!

Page Topへ

COPYRIGHT© OHMI SEISAKUJO. All Rights Reserved.